コラーゲンを増やすには?

凸凹ニキビ跡にはコラーゲン補給!

 

リプロスキンのような高い浸透力の化粧水は色素沈着系のニキビ跡には効果バツグンなのですが、ニキビの炎症がお肌の深いところにまで及んでしまった凸凹ニキビ跡のケアはチョット苦手。。。

 

そこで、化粧水を使ったニキビ跡ケアの補完として、ぜひ加えたいのがコラーゲン補給です。

 

ニキビ跡対策だけではなくエイジングケアとしても、日頃からコラーゲンを増やすようなケアを心がけるのはオススメですよ。

 

 

コラーゲンは年齢とともに減少。。。

 

成長ホルモン分泌 ニキビ跡治す

成人のカラダの約60%は水分!という話は有名ですよね。

 

残り40%のほとんどはタンパク質で、タンパク質の30%はコラーゲンとして存在しています。

 

弾力性のあるコラーゲンは細胞同士を柔軟に結合させる大切な役割があって、臓器、血管、骨、ありとあらゆる場所に存在しています。中でもとりわけコラーゲンが多い場所が、実は皮膚なのです。

 

コラーゲン全体の約40%は皮膚の真皮層に存在しているといわれています。

 

特に凸凹ニキビ跡のケアに欠かせないコラーゲンですが、二十歳前後をピークにして60歳ではピーク時の約75%程度にまで減少してしまいます。また生活習慣やストレスの影響で、量が減るだけではなく、なかなか代謝されにくい異型のコラーゲンが出現したり、質自体も低下するといわれています。

 

成長ホルモン分泌でコラーゲン♪

 

コラーゲン補給と聞くとすぐにサプリメントをイメージされる方も多い思います。

 

確かに今話題の富士フィルム【アスタリフト】コラーゲンドリンクなどは即効性があると話題ですし、他にも各社から様々なコラーゲンサプリが販売されています。

 

 

白ニキビ 治す

富士フィルム【アスタリフト】

コラーゲンドリンク公式サイトはコチラ >>

 

 

このようなサプリの服用とあわせてぜひオススメしたいのが、ご自身の成長ホルモンの分泌を盛んにすることでコラーゲン産生を内側から自然に促す方法です。

 

成長ホルモンは細胞分裂を促進する作用がありますし、さらに真っ先に作用する場所はお肌です。ではどうすれば成長ホルモンの分泌を盛んにできるのでしょうか?

 

 

 

 睡 眠  午後10時から午前2時
成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に分泌がもっとも盛んになります。

 

この時間帯は美容のゴールデンタイムとよばれているほどで、美肌作りには欠かせない大切な時間帯です。なので、理想はこの時間帯を含めて十分に睡眠時間を確保することです。

 

 

 

 運 動  軽く汗ばむ程度の有酸素運動

有酸素運動の後にも成長ホルモンの分泌は盛んになります。

 

ジムに通ったりランニングなどの激しい運動を行わなくても、軽めのスクワットや足上げトレーニングなどで成長ホルモンの分泌を促せますよ。

 

シッカリ運動すると、その後2〜3時間ものあいだは成長ホルモンが分泌され続けるといわれています。

 

 

 

 食 事  アルギニンを摂って!

十分な睡眠や有酸素運動でもなかなか美肌効果を感じられないようでしたら、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンというアミノ酸を摂ることをおすすめですよ。

 

アルギニンは身体の中で自然に作られる非必須アミノ酸なのですが、二十歳前後をピークに作られる量は減少し始め、そこにストレスや生活習慣の乱れが加わると産生量はさらに減ってしまいます。

 

アルギニンを多く含む食材としては豚のゼラチンが圧倒的で、100gあたり7900mgも含まれています。他にも湯葉、きなこ、かつお節、落花生、ごま、クルミ、アーモンド、カシューナッツ、鳥の胸肉などにも、アルギニンはタップリ含まれています。

 

普段のお食事でアルギニンを摂りにくいということでしたら、サプリメントを活用されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リプロスキン ビバレイン 使い方 白ニキビ 予防コラーゲン 増やすには?ニキビ跡 種類 リプロスキン ビバレイン 使い方

 

 

当サイト『ニキビ跡 リプロスキン』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページでは、凸凹ニキビ跡対策としてコラーゲンを増やす方法について解説しております。

 
ホーム 激安で購入 効果 口コミまとめ 成分一覧 雑誌掲載