リプロスキン 乳液

リプロスキン+乳液!

 

リプロスキン乳液はホントに効果的ですよ♪

 

リプロスキン 乳液

乳液はお手持ちのもので大丈夫!わざわざあらためて買う必要はないですよ。もしも今お手元に乳液系コスメが無いようでしたら、同じピカイチさんから出ているビバレインがリプロスキンとの相性が良いのでオススメですよ。

 

リプロスキン 乳液 ビバレイン 最新の相場をamazonでチェック >>

 

乳液の役目は油分でお肌に水分蒸発防止の膜を作ることなので、どうしてもベタベタ感があります。

 

ベタベタ感がどうしてもイヤ!ということでしたら、サラッとタイプの美容液で代用してもOK。もちろん、ニキビケアなので肌への刺激成分が少ないものにしてくださいね。

 

 

美容液ってなに?

リプロスキン 乳液

化粧水や乳液は知っていても、美容液ってイマイチ馴染みがない方が多いですよね。

 

美容液にはシワやシミを防ぐ成分や美白成分などが含まれています。使う順番としては、【洗顔(クレンジング&洗顔料)】 ⇒ 【化粧水(リプロスキンなど)】 ⇒ 【美容液】 ⇒ 【乳液/保湿クリーム】になります。

 

中には乳液や保湿クリームを塗った後に最後の仕上げとして美容液を塗る方もいますが、意味無いですよ。だって油の皮膜で覆われたお肌にいくら美容成分を塗りこんでも浸透しませんから。。。

 

 

肌荒れしやすい方は乳液追加は必須かも...

リプロスキンのマニュアルを読むと、乳液追加はあくまで「おすすめ」レベルなのですが、もともと肌荒れしやすい方でしたらリプロスキン乳液は必須!と考えたほうが良いかもしれません。

 

乾燥シーズンでしたらさらに保湿ジェルを追加されるのもOK♪ 以下、分かりやすくお伝えしますね。

 

リプロスキン 公式サイト

リプロスキンの詳細はこちらの公式サイトでご確認ください。

 

 

リプロスキン 公式サイト

 

 

 

 

乳液でお肌を守る&水分を逃がさない!

 

リプロスキン 乳液

リプロスキンと言えば高い浸透力で有名ですよね。浸透力が高くなければ、せっかくの保湿成分・美容成分をお肌の奥深にシッカリ届けてターンオーバーを正常化させられませんから。

 

ところでリプロスキンはなぜ浸透力が高いの?と疑問に思われますよね。実際につけてみると砂に水がサーッと染みこむように吸収されちゃいます...不思議ですよね。

 

それにはちゃんと理由があって、美容成分を浸透させやすくするために角質層を柔軟にする成分が入っているのです。ところがここで問題発生!角質層って雑菌からカラダを守ったり、外からの刺激がお肌の神経を刺激し過ぎないようにしたり、水分が外に逃げ出さないようにする大切な役目があったんですよね。。。

 

乳液で壊れたバリアを修復!

リプロスキン 乳液

角質層を柔軟にするということは、具体的には皮脂が少し取り除かれて角質層も薄くなる!ということです。すると、、、外からの刺激に対して敏感になるし雑菌からの攻撃にも弱いので、ちょっとしたことでもヒリヒリ・ピリピリ感じるようになってしまいます。。。

 

普段お肌が弱酸性に保たれているのはご存知ですよね。皮脂に含まれる脂肪酸によるもので、この酸で外からやって来る雑菌をブロックしています。でもリプロスキンをつけると皮脂が少し取り除かれるので、お肌のペーハーは元の弱酸性から弱アルカリ性(〜中性)に一瞬だけ変化するようです。

 

角質層と皮脂のバリア効果は弱くなるので、美容成分も雑菌も一瞬だけど侵入しやすくなるのです。

 

なので、リプロスキンを付けた後には、元の角質層のような蓋と皮脂のような保護膜を再現してあげなくちゃいけないのです。なので乳液でお肌をカバー!せっかく潤ったお肌から水分が逃げないようにガッチリ蓋!!これがとても大切になるのです♪ せっかくリプロスキンを使い始めたのにお肌が乾燥気味でちょっと不快、という方にはまさにオススメしたい方法。

 

リプロスキン乳液、ぜひお試し下さいね!

 

 

リプロスキンでニキビ跡を治せるの? >>

 

 

 

 
ホーム 激安で購入 効果 口コミまとめ 成分一覧 雑誌掲載