リプロスキン ディフェリンゲル

リプロスキンとディフェリンゲル...どう違うの???

 

病院で処方してもらったディフェリンゲルと、口コミで評判の良い市販のリプロスキン、、、どう違うの?どっちが良いの?一緒に使っても大丈夫???などなど、悩んでいる方も多いですよね。

 

ディフェリンゲル リプロスキン

まず、リプロスキン医薬部外品ディフェリンゲル医薬品、という大きな違いがあって、そこからさらに用途も異なりますよ。

 

リプリスキンはニキビの予防ニキビ跡のケアが主な用途、ディフェリンゲルは白ニキビや黒ニキビなどの初期ニキビの治療ということなりますが、、、

 

これだけだとピンと来ないと思いますので、分かりやすくまとめてみました♪

 

リプロスキン ディフェリンゲル どっちがいい

 

ニキビ予防 リプロスキン : 新陳代謝を活性化させることで、毛穴詰まりを予防
白・黒ニキビ(初期ニキビ)治療 ディフェリンゲル : 毛穴内部の角質(垢)が増えることを防ぎ、毛穴を開放させる
赤ニキビ治療 抗生剤 : 炎症の元になっているアクネ菌が増えることを抑える
ニキビ跡ケア リプロスキン : 新陳代謝を活発にさせることで、ニキビ跡を垢として落とす

 

 

初期ニキビって何?

ディフェリンゲルが対象にしている初期ニキビというのは、赤く炎症する前の白や黒のニキビのことです。

 

特に白ニキビは生まれたての赤ちゃんのようなもので、この段階で治ればニキビ跡にまで成長することはありません。

 

ディフェリンゲル 効果リプロスキン 効果

 

毛穴さえ開放されれば、初期ニキビはキレイに治ります。白ニキビについてはケアの仕方も含めて別のページでも解説していますので、気になる方はぜひ参照して下さいね。 リプロスキンとディフェリンゲル リプロスキンは白ニキビにも効果あるの? >>

 

 

ヒリヒリ痛い赤ニキビ!どうしたらいいの?

赤ニキビは毛穴の中でアクネ菌が急激に増えたことに対して、体の免疫システムが激しく反応して炎症を起こしている状態です。

 

この段階になると、重症化した皮膚炎とも言えます。

 

皮膚炎 抗生剤

 

こうなると、リプロスキンもディフェリンゲルも無力で、塗り薬や飲み薬の抗生剤で治療するしかありません。。。 

 

抗生剤としてよく処方されるのはルリッドクラリスなどですが、かなり重症化してしまった場合はミノマイシンも処方されます。

 

ルリッド 詳細はコチラ >>

 

クラリス 詳細はコチラ >>

 

ルリッド 抗生物質 リプロスキン ディフェリンゲル 併用

 

※ミノマイシンは妊婦さんや妊娠予定の方は使わないでネ↓↓↓

 

ディフェリンゲル リプロスキン

 

ディフェリンゲルは白ニキビ治療に効果あり!ではリプロスキンは?

 

リプロスキン ニキビ予防

ニキビができるキッカケといえば、毛穴の中に垢とか皮脂が詰まってしまうことですよね。ツブすとニュルッ!と出てくる白いアレで、専門的には角栓とかコメドとよばれます。

 

ではなぜ毛穴にイロイロ詰まってしまうの?というお話ですが、、、

 

新陳代謝が乱れると白ニキビ出現!

実は毛穴の内側にも皮膚がちゃんとあって、垢や皮脂が毎日セッセと作られています。

 

普通は垢とか皮脂は毛穴から外にドンドン掃き出されるのですが、新陳代謝がうまくいかないと毛穴はいつのまにか狭くなって、内部にドンドン貯めこまれてしまいます。。。 

 

毛穴が完全に閉じてしまうと、いよいよプックラ白ニキビの出現!

 

 

ディフェリンゲルは白ニキビになぜ効くの?

リプロスキン ディフェリンゲル

ディフェリンゲルの有効成分はアダパレンという化合物です。アダパレンは毛穴の中で角質が増えることを強力に抑えるような働きをします。

 

同時に、閉じてしまった毛穴を開かせる効果もありますので、使い続ければ白ニキビはキレイに解消されることになります。 ※ディフェリンゲルの副作用は後で説明しますね

 

 

白ニキビにリプロスキンはどうなの?

リプロスキンは堅くゴワゴワしてしまった角質層を優しくゆるめる(整える)成分が含まれています。

 

ゴワついたままの角質層では、お肌の奥深くに美容成分を十分に浸透させられないからです。

 

ディフェリンゲル 副作用

 

リプロスキンで採用されている美容成分の中には、保湿・抗炎症・抗酸化など様々な成分が含まれていますが、狙っているのはまさに新陳代謝の活性化!

 

新陳代謝が活発になれば毛穴トラブルは起きにくくなるので、白ニキビや黒ニキビといった初期ニキビの予防にも効果が期待できそうですよ。

 

つまり、、、

 

リプロスキンの役目は 新陳代謝の活性化 ⇒ ニキビ跡を消す!

 

ディフェリンゲルの役目は 毛穴のお掃除 ⇒ 初期ニキビを治療!

 

 

リプロスキン 白ニキビ リプロスキンの詳細はコチラ >>

 

ディフェリンゲル使い方の基本...保湿クリーム忘れないで!

 

ディフェリンゲル リプロスキン

 

ディフェリンゲルを作っているのはスイスのガルデルマ(Galderma)という製薬会社で、皮膚科領域で使われるお薬を専門に研究開発しています。日本にも100%子会社(ガルデルマ株式会社)が新宿にあります。

 

ディフェリンゲルが日本で保険適用されたのは2008年10月、他のニキビ治療薬に比べればまだ新しい塗り薬ですが、皮膚科で処方されるニキビ治療薬としてはもうすっかり有名ですよね。でも残念ながら正しく使えていない方が多いようなので、念のため簡単にオサライしておきますね。

 

 

塗布する前にクリーム塗って!

ディフェリンゲル 白ニキビ

ディフェリンゲルを使うのは1日1回就寝前!ということはよくご存知ですよね。

 

毎日ちゃんと使っていただくにしても、塗布する前にニキビ周囲の皮膚にちゃんと保湿系クリームを塗っていますか? これをやらないで洗顔後の皮膚にそのまま塗ってしまうと、ディフェリンゲルの有効成分が周囲の健康な皮膚にまで広がってしまうので、副作用を助長してしまう可能性があります。

 

また、ディフェリンゲル塗布後に各種コスメを塗ってしまうと、コスメに紛れてディフェリンゲルの有効成分が広がってしまい、同じように副作用を助長してしまう可能性がありますよ。

 

 

顔にできたニキビ以外は使わないで!

ディフェリンゲルは 顔にできたニキビ についてのみ、安全性が医学的に証明されている軟膏です。背中やデコルテなどにできたニキビやニキビ跡(ニキビ痕)への使用は今のところ認められていませんし、安全性も確立されていないので注意して下さいね。

 

副作用について

 

リプロスキンは医薬部外品なので薬用成分がほんの少し入っていますが、今のところ(2018年5月現在)副作用の報告はないようです。ご心配な方は、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)で確認して下さいね。  

 

ディフェリンゲル 副作用 PMDA 公式サイト >>

 

で、問題はディフェリンゲル...

 

ディフェリンゲル 副作用

いまディフェリンゲルは多くの皮膚科で処方されているので、その強い副作用もすっかり有名になりましたよね。 ※副作用ではなく随伴症状という言い方をされる先生も多いようです。

 

副作用でも随伴症状でも、ディフェリンゲルを使えばほとんどの方が使用開始後約2週間以内に乾燥や痒み、または肌がボロボロ剥けちゃう!といった何らかの皮膚トラブルを経験されます。

 

トラブルを多少緩和する方法はあっても(保湿クリーム!)、副作用を完全に回避する方法はないようです...

 

実はリプロスキンもディフェリンゲルと同じように角質層をゆるめる作用がありますので、同じようにお肌の乾燥や痒みが出る方も一部にいらっしゃるようです。ただし、リプロスキンの場合は使用後に乳液や保湿ジェルを追加することで回避できますよ♪

 

リプロスキン+乳液については、コチラの記事を参照してくださいね。

 

 

 

リプロスキンとディフェリンゲルの併用は?

 

ディフェリンゲル 副作用

ディフェリンゲルの添付文書を読むと、一緒に使ってはいけない成分が記載されています。サリチル酸、イオウ、レゾルシン、研磨剤、アルコール類が含まれたコスメは一緒に使わないでネ!と書いてあります。。。

 

ディフェリンゲル 副作用 ディフェリンゲル 添付文書 >>

 

これらの成分の中でリプロスキンに当てはまるのが、ごくわずかな量ですがアルコール類のフェノキシエタノールです。今のところ、ディフェリンゲルとリプロスキンの併用によるトラブルは報告されていないようですが、いま皮膚科に通っていらっしゃるようでしたら主治医の先生に必ず相談してくださいね。

 

ディフェリンゲルの副作用が強く出る!?

 

リプロスキンは一時的にディフェリンゲルと同じように角質を柔軟にしますので、お肌がもともとあまり丈夫ではない敏感肌のような方が併用された場合、角質層への作用が過度になって、ディフェリンゲルの副作用が強く出てしまう可能性は考えられます。。。

 

 

ディフェリンゲルを使ったらニキビが悪化!これって副作用?

 

ディフェリンゲルを使ったところ、ヒリヒリしてきた!かぶれた!お肌ボロボロ... といった経験をされる方が多いですよね...

 

ディフェリンゲルでよくあるトラブル

ディフェリンゲル 効果

  • ヒリヒリ感
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 赤み(紅斑:こうはん)
  • 皮膚がボロボロ剥けてくる(落屑:らくせつ)

 

まるでニキビが急に悪化したように感じますが、これはディフェリンゲルの有名な副作用(随伴症状)です。

 

使いはじめて1週間くらいは調子良かったのですが、昨日から塗るたびにヒリヒリしてきました。

 

我慢していつものように化粧水を塗ったらいっそうヒリヒリ!!!

 

副作用は誰にでも起こるみたいですが、私は我慢できそうにありません...

ディフェリンゲルは4ヶ月間頑張ってみましたが、結局使うのをやめました。

 

最初の2ヶ月はニキビができにくくなってきたようなのでかなり満足していたのですが、3ヶ月目ころから急にかぶれだして、ヒリヒリ感が強くなってきたタイミングで断念。

 

ニキビの成長をストップ!?させる効果はあると思うので残念です。

ディフェリンゲルを使い始めて3週間になります。

 

最初の2週間は肌が乾燥したようになってシンドかったですが、今はなんとかおさまっています。

 

でも相変わらず新しいニキビはできるし、同じ場所に何度もできるし、継続するか迷っています。

 

 

ディフェリンゲルを使い始めると、残念ながらほとんどの方(80%以上)は2週間以内で何らかの副作用(随伴症状)を経験されます。ほとんどの場合、副作用は一時的なもので1ヶ月以内には治まりますが、中には2ヶ月以上お肌の異常を感じ続けられる方もいるようです。

 

なぜディフェリンゲルを使うと副作用が出てしまうの???

 

ニキビ跡の元になる初期ニキビを治療したいのに、見た目も汚い辛い副作用が出てしまうなんて納得いきませんよね。。。

 

その理由を詳しく解説しますね♪

 

ディフェリンゲルは角質に作用します

ニキビができてしまう原因は、結局のところ毛穴が詰まってしまうことですよね。

 

ディフェリンゲル 副作用

毛穴詰まりの原因は様々ありますが、一番大きな原因は毛穴周囲の肥厚です。毛穴の内側の角質がどんどん厚くなれば、その分だけ毛穴は小さくなってしまいます。

 

毛穴周囲の組織は角質です。ディフェリンゲルは角質がそれ以上厚くならないように、角質細胞が新しく作り出されることをブロックするような働きをします。
(顆粒細胞が角質細胞に変身することをブロック!)

 

これがディフェリンゲルによるニキビ治療の基本になります。

 

 

ディフェリンゲルは角質を剥がします

ディフェリンゲルは角質細胞が新たに作られることを抑えるだけではなく、古いゴワゴワした角質を剥がすような作用があることも知られています。つまりピーリングのような効果です。

 

角質はニキビ治療にとっては邪魔な存在ですが、本来お肌を乾燥から防ぎ、外からの刺激を抑え、雑菌などの侵入を防ぐというとても大切な役割があります。

 

 

ディフェリンゲルを使うとお肌は乾燥します

ディフェリンゲルは角質が作られることを防いで、さらに古い角質を剥がす(ピーリング)ような作用もあることから、どうしても水分は逃げやすくなってしまいます。

 

水分が逃げれば肌はお乾燥するので、誰でもかさつきを感じることになってしまいます。

 

 

ディフェリンゲルを使うと刺激に敏感になります

角質はお肌から水分を逃さないようにするだけではなく、肌そのものを守る役目があります。

 

ディフェリンゲルを使い角質層が薄くなると、お肌はいつも刺激を受けやすい状態で、これが痒みや痛みあるいは肌荒れ(落屑、お肌ボロボロ)の原因になります。

 

ディフェリンゲル 使用上の注意

 

ディフェリンゲル 妊婦

初期ニキビには効果抜群のディフェリンゲルですが、医薬品である以上、使用にあたっては注意しなければならないことがいつくかありますよ。

 

特に、妊婦さんは注意して!

 

 

妊婦さんは使っちゃダメ!

 

ディフェリンゲル 注意

現在妊娠中の方、または妊娠する予定の方は

ぜったいに使わないで!

 

動物実験でディフェリンゲルの成分(アダパレン)を大量に投与したところ、内臓や骨に異常がある子どもが生まれてしまいました。同じ理由で、母乳を赤ちゃんに与えているママも使わないで下さいね。

 

 

日焼けに注意して!

 

ディフェリンゲル 効果

普段、私達が日常的に浴びる有害な紫外線は、角質層がある程度ブロックしてくれています。

 

でもディフェリンゲルを使用中の方の角質層はとっても薄くもろくなっているので、紫外線の影響が強めに出てしまうことがあります。

 

シミ・ソバカス・シワはもちろん、ディフェリンゲルの副作用として有名な肌の乾燥・痒み・痛み・赤みなどを悪化させてしまうことがありますので、ディフェリンゲルを使用中の方はUV対策にいっそう気をつかうようにして下さいね。

 

外出の際は日焼け止めクリーム・日傘・帽子をお忘れなく♪

 

紫外線対策ではUVクリームが一番効果的です。
使用にあたっては各メーカーが指定する規定量を守ってくださいね。

 

 

他のニキビ用コスメや医薬品との併用は?

 

ディフェリンゲル 化粧品

リプロスキンも含めて、まずは主治医の先生に相談して下さいね。ディフェリンゲルは角質を薄くもろくしますので、刺激成分の含まれたコスメや医薬品はゼッタイに避けてくださいね。。。

 

  • サリチル酸、イオウ、レゾルシンを含む薬剤
  • 乾燥作用が強い化粧品や洗顔石鹸
  • 研磨剤が含まれている洗顔石鹸
  • ピーリング剤、アルコール類、香料が含まれている薬剤及び収斂薬

 

 

初期ニキビ、ニキビ跡にも効果があるリプロスキンについて >>

 

 

 

 

 

 

 

 

ディフェリンゲル 副作用リプロスキン パックこのページの先頭に戻るリプロスキン 乳液 ディフェリンゲル 副作用

 

 

当サイト『クレーター リプロスキン』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページではリプロスキンとディフェリンゲルについて説明しております。ディフェリンゲルは病院で処方されるニキビ治療薬としては一番ポピュラー♪そしてほぼすべての方が経験される副作用も有名です。副作用が起きてしまう理由や様々なリスクなどもあわせて解説しております。みなさまの美肌作りに少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

 
ホーム 激安で購入 効果 口コミまとめ 成分一覧 雑誌掲載